潜在意識で願望を達成しよう

潜在意識、阿頼耶識を活性化させる丹田呼吸法をベースにした瞑想法で、お金、恋愛、結婚、復縁、人間関係、悩みや問題の解決、どんな願望も達成出来ますよ!潜在意識ならね!

潜在意識、阿頼耶識で、復縁、恋愛、どんな願望も達成しよう

サイト内検索

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

全ての危機から私たちを守ってくれる、潜在意識、阿頼耶識の力

潜在意識、阿頼耶識、神仏の力

、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)

というわけで、皆さんおはこんばんにちはです!(・∀・)

本日は、願望達成に関すること、そして日常生活を送る上でも、「出来るなら嫌な出来事は避けたいな」という、願いや悩みについて、皆さんと一緒に考えていければ幸いです。(・∀・)
本日も宜しくお願い致します!m(_ _)m


潜在意識を活用すれば、安心して日々、笑顔で過ごせますよ。
潜在意識、阿頼耶識を活用すれば、安心して日々笑顔で、自分らしく幸せを探求できますよ。(・∀・)
笑顔で過ごすのも、決して怖いことではないです。(・∀・)


私たちは、色んな願いを叶えて、そして自分らしさた幸せな毎日を目指して、潜在意識、阿頼耶識を活用して毎日を過ごしているのですが、そうした「心の力」を活用する毎日を送っていても、悪気はない周囲の何気ない言動に惑わされたり、意地悪な誰かの行動に傷ついたり、また被害を受けることがあります。(・∀・;)

願望達成の面だけ取り上げても、例えば、復縁の願いの成就を願う方であれば、強力なライバルの存在に、「もう無理だ」と思うような状況に陥ったり、好きな人の言動の一つ一つに振り回されてしまうことってありますよね。(・∀・;)
会社の中でも、同僚から足を引っ張られることもあれば、上司や先輩から気が合わないと判断されると、露骨に態度に出されて、職場での居心地が悪くなることも多いかもしれません。
学校やご近所さんとの理不尽な人間関係で悩まれている方も、同じように多いのではないかと考えております。

こういう時って、どうしたら良いのでしょうか?悩みますよね。(・∀・;)

このような時代を超えて私たちを悩ませる「人間関係の悩み」に、今から約2500年前に、お釈迦様が答えを説かれていたんです。(・∀・)
お釈迦様の従兄弟に、提婆達多(だいばだった)という人がいました。
この提婆達多さん、とにかく性格が意地悪で、名声を高めたお釈迦様に嫉妬して、お釈迦様の生命を狙おうと企てます。
ある時は、武装した集団をけしかけてお釈迦様を襲わせ、またある時は、象に酒を飲ませて暴れさせてお釈迦様に向けて走らせたりするのですが
武装した集団は、いくら刀を振り回しても、お釈迦様に傷一つ付けることが出来ず、酔った象もお釈迦様の前に来ると、それまで暴れていたのが嘘みたいに、大人しくなったそうです。(・∀・)
それでも懲りない提婆達多は、お釈迦様の悪い噂を流したり、毒を盛ったり、弓矢で狙ったりもしたのですが、その全てがことごとく失敗に終わりました。
普段から仏の道を歩まれ、護られているお釈迦様には、どんな悪意も持っても実害を与えることが出来なかったんですね。(・∀・)

普通の人であれば、悪意に晒されたお釈迦様の立場になれば、提婆達多に対して復讐心を燃やすところなのですが
お釈迦様は提婆達多にこのように語りかけます。
「あなたのお陰で、私は成仏する(仏の道に入る)ことが出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです」

これは提婆達多に対する、お釈迦様の嫌味ではないかと受け止めてしまいそうになるのですが、そうでは無いんですよね。
お釈迦様は我が身を提婆達多に狙われて、一人の人間として苦悩され、怖くて眠れない日もあったと考えられます。
そういう苦悩の中で、仏様の道にいることで、自分は護られ続けるのだと気付くことができ、その気付きの切っ掛けになってくれた、悩みの元凶である提婆達多こそが「仏の道への案内人」なのだと考えられたんです。(・∀・)

悪意がある人や、悩みや不安などの煩悩を持ち込んでくる出来事は、一見悪者に見えてしまうのですが、よくよく考えてみれば、そういう悩みがあるからこそ、人は仏様や神様の道を知って、その力の恩恵を受けようと頑張ったり、潜在意識、阿頼耶識の法則を知ることも出来るんですよね。(・∀・)
悩みを持ち込む人は、一見すると迷惑なだけな人に見えてしまうのですが、仏様の道への導きを指し示す「仏道の親」と表現されることがあります。
悩みや不安、それにまつわる自我の苦しみ、最近のスピリチュアル的にはエゴと言われる存在でしょうか?
そういった悩みがスタート地点として在るからこそ、仏様のを知り、ご縁が生まれるという意味の、「煩悩即菩提」という大乗仏教の言葉があるのですが、悩みもまた人生を豊かにする、願望を達成して幸せになるという点で、私たちに大きな力を与えてくれるんですよね。(・∀・)

現代風に言えば、「ピンチはチャンス」でもあるという智慧を、お釈迦様は伝えられたかったのかもしれませんね。(・∀・)

さて、我が日本でもお釈迦様の逸話と同じような奇跡的な出来事が語り継がれています。
時は鎌倉時代、日蓮宗の開祖である日蓮上人も、その知名度を恐れられて、生命を何度も狙われる経験をされています。
その中でもとくに有名なのは、日蓮上人が捕らえられ、龍ノ口刑場(神奈川県藤沢市)で命を絶たれようとしたとき
日蓮上人は「八幡大菩薩よ!あなたには信仰する者を守る義務と約束があります!」と八幡大菩薩に語りかけたと言われます。
すると、執行人が振り上げた刀に雷が落ち、その刀は砕け散り、その様子に驚いた鎌倉幕府は、日蓮上人の刑執行を取り止めることを決定します。(・∀・)

信仰と言えば馴染みがないのですが、目の前で何が起きても、護られることを信じ続けるとことで、潜在意識、阿頼耶識、そして神仏の力が全てのアクシデントから、私たちを本当に護ってくれると、歴史が証明してくれているんですよね。(・∀・)

他にも結核を患ったことでヨガの道を探求され、病を克服された中村天風さん。
肺と心臓そして腎臓の病気に悩みながらも毎日を自分らしく過ごすことで元気になられた、作家の北方謙三さん。
経営する病院が火災に遭い再建のために、多額の債務を抱え、昼夜問わず借金取りの取り立てに悩みつつも、「鬼の行いにも感謝する」という有名な言葉を胸に、無事生活を取り戻された、医師であり、歌人でもある、斎藤茂吉さん。
そして、腺病質という病に苦しみながらも、「病は心の修行である」と、仏教の心に生きて歴史に残る大成功を収められた、経営の神様、松下幸之助さん。

例を出せばキリがないのですが、多くの著名な方々も、悩みというスタート地点があって、そこで護られる気持ちを知られて、大きなアクシデントが起きても大きな被害を受けることなく、成功の道を歩まれているんですよね。(・∀・)

このように、潜在意識、阿頼耶識の力を活用して、「護られている」ことを常に実感していれば、目の前で何が起きても、私たちは必ず無傷で生還できます。(・∀・)
復縁や片思いの願いであれば、「好きな人が他の人とデートしてるかも」とか「他の人と結婚してしまうかも」という不安は心の中に常にありつづけますよね。(・∀・;)
「嫌われて話すことすら出来ない」という無力感に苛まれることもあるかもしれません。

今日は日曜日ですが、「月曜になれば職場や学校で、また嫌なことがあるのかな」と不安になることもありますよね。

だからこそ、お釈迦様や、日蓮上人が実践された、仏様や神様(潜在意識、阿頼耶識)に包まれて、護られる日々を実感する方法を瞑想法と合わせてチャレンジして頂ければ幸いです。(・∀・)

よろしければ、過去のエントリーとなりますが

絞首刑を逃れた男
マーフィー博士が紹介された体験談です。(・∀・)

潜在意識、阿頼耶識と現状を改善する、包まれ瞑想
護られる効果をもたらしてくれる瞑想実践法です。(・∀・)

こちらの2つのエントリーもご一読頂ければ幸いです。m(_ _)m

願望達成や生活の妨げに思える出来事が起きても、そのことは全く力を持たずに、私たちと、潜在意識、阿頼耶識、そして神仏の力に包まれて護られていると実感すれば、何が起きたとしても、そういう出来事から何の被害も受けずに住むんですよね。(・∀・)

本日は、何が起きても私たちは何の影響も受けずに、願望達成も迎えることが出来るという話でした。(・∀・)

生きていれば良いこと悪いことを問わず、色んな出来事と遭遇しますが、解決策もちゃんと準備されているので、潜在意識、阿頼耶識、そして神仏の力を活用されて、穏やかな日々を過ごされてくださいね!(・∀・)

神様、仏様、潜在意識、阿頼耶識の力は人を選ばず、どなたにも効果を実感して頂ける力ですので、「神様や仏様が、愛しい我が子である私を守ろうと手を差し伸べられてるのね」と心で感じながら、その手を取られてみてくださいね。
それだけでも、嬉しくなるような効果が毎日の生活の中に現れてくれますよ!(・∀・)

というわけで、今日はここまでです!
また近日中に!!(・∀・)ノ



スポンサード リンク

便利なブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



テーマ:潜在意識、阿頼耶識、瞑想法 - ジャンル:心と身体

願望達成の簡単さを意識して、潜在意識、阿頼耶識と向き合いましょう

潜在意識、阿頼耶識、神仏の力

、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)

というわけで、皆さんおはこんばんにちはです!(・∀・)

突然ですが、潜在意識、阿頼耶識を活用して、願いを叶えようとすると、「あの人の願いは簡単に叶いそうだ」とか「私の願いは問題が多いから」
なんて、自分の願いと他の人の願いを比べたり、「私の願いは達成するのが困難だろうな」なんて、考えてしまうことってありますよね。(・∀・;)

「願望を叶える」
文字にして書くと簡単なことに思えるのですが、叶える当事者の視点で考えると、頭では分かっていても難しく感じてしまうものなんですよね。(・∀・;)
その「難しさ」や「困難さ」を作り上げているのは、願望に関する「問題」だと思います。
問題は関係ないと分かっていても、願いを叶えたい私たちの視点から見える、自分自身の立場はとても複雑であり、そして感情や心を支配してしまうような問題にまで、気を配らなければいけません。(・∀・;)
ということで、本日は一人の著名人が成功された足跡を追いながら、願いを叶えるために、本当に必要なことって何なのか、皆さんと一緒に探し出さればと考えております。(・∀・)

本日も、宜しくお願い致します!m(_ _)m


潜在意識活用の大先輩、ルーズベルトさん
おはこんばんにちは、フランクリンです。潜在意識、阿頼耶識の素晴らしさを皆さんにお伝えに来ました。


その少年は、1882年1月30日にニューヨーク州北部の裕福な家にて生まれ、フランクリンと名付けられます。
フランクリン少年は少年期を家庭教師によって教育を受け、14歳にアメリカの名門校グロトン校に入学するのですが
それまで、同世代の友人が居なかったフランクリン少年は、学校生活にあまり馴染めず、初めての挫折感を味わいます。
その後、コロンビア大学のロースクールで法律を学び、弁護士になるのですが、弁護士時代のフランクリンは、弁護士の仕事にはあまり興味を燃やさず、ある夢についてばかり考える毎日を送るようになります。

その夢は「アメリカ合衆国大統領になること」

そう、少年期に挫折を味わって弁護士にまで登りつめたフランクリン少年が、後のアメリカ合衆国大統領、フランクリン・ルーズベルトさんなんです。(・∀・)

弁護士時代の友人は、ルーズベルトさんをこのように回顧しています。
「弁護士事務所を開いたフランクリンが、仕事をせずに関係のないことばかりしていたから、「きみはどういうつもりなんだ?」と聞いたのですが
するとフランクリンは「僕は大統領になりたいから、その準備をしてるのさ」と冗談ぽく答えたんです。」

その普段やってることも、大統領になることに関係があるように見えない友人は、ルーズベルトさんの行動が全く理解できず、何か問題を抱えていて、そのせいで正気を失っているのかと心配したそうです。(・∀・;)
ところが、夢をかなえるためにチャンスを待つ、ルーズベルトさんに、少年期に味わったような挫折を思い出すような、アクシデントがふりかかります。

ポリオの発症です。(一説ではギランバレー症候群とも)
ポリオはかつて日本では小児麻痺と言われていた病気で、当時は今のように効果があるワクチンが無いために、大人でも患ってしまう病気で大流行していました。
夢の実現に燃えるルーズベルトは、40歳近くでポリオに感染して、自力で歩けなくなってしまいます。
皆さんも御存知の通り、大統領になれば、議会に参加したり、広いアメリカ国内と世界各国を飛び回り、行政、立法、司法と軍事権をまとめなければならない、肉体的にもとても大変な仕事です。
しかし、職務を執行する困難さも認めた上で、ルーズベルトさんは夢を諦めることを拒みます。
まず、2年間の厳しいリハビリに絶えますが、車椅子での生活を余儀なくされることになります。
でも、「大統領になる!」と決意して頑張ったリハビリ期間が、そのまま動瞑想の効果をもたらしたのか、念願だった大統領に当選を果たします。(・∀・)
しかし、まだまだルーズベルトさんの困難は続きます。
任期中に第二次世界大戦が勃発し、歴代大統領の中でも大変な時期での職務遂行を果たさなければなりません。
その激務の中で、職務を果たし、アメリカの慣例で大統領職は二期(8年)までの任期しか許されない原則があるのですが
ルーズベルトさんはドイツが降伏直前に他界されるまでの、12年の任期を特例として勤め上げられることになります。

車椅子生活から大統領にまで登りつめたルーズベルトさんの強い信念が、潜在意識、阿頼耶識に力強く作用して、アメリカの慣例や原則さえも超えて、生涯大統領としての地位を、変わらない真実「実相」としてしまったとしか思えない、そんな困難さえ打ち砕く「夢」の力の話でした。(・∀・)

困難を超えて夢を実現した人は言葉では表現できない魅力もあるのか、同時代を生きたソビエト連邦の政治家であるスターリンも、ルーズベルトさんを人として大変信頼していたそうです。
スターリンという人は、猜疑心が服を着ているような人として有名で、ソビエト国内では「スターリンに疑われたら身の破滅」と恐れられた人物でした。
何でも、ルーズベルトさんは、スターリンを全く警戒してなかったそうで、そういう雰囲気や思いって相手に伝わるものなんですよね。(・∀・)
これも、潜在意識、阿頼耶識で、復縁や恋愛関係に限らず、人間関係を良くする願いを叶えるために、とても勉強になることだと考えます。

復縁や、恋愛関係を成就したいと思うとき、好きな相手のことが気になりすぎて、心の中で身構えたり、警戒してりすることってないですか?(・∀・;)
「身構えてないと、突然のアクシデントに心が対応できない」
多分、多くの皆さんがこうお考えかなと感じております。(・∀・;)
こちらとしては、受け入れる気持ちでいても、突然好きな人からつれない態度を取られたり、他の異性と仲良くしてる場面を見かけてしまうと、ガッカリしてしまうので、どうしても警戒心が起きてしまいますよね。(・∀・;)

でも、潜在意識、阿頼耶識で叶った世界を感じながら、願望の対象に警戒心を抱いてしまうと、車のアクセルとブレーキを同時に踏んでしまうようなもので、ずっと同じ場所に立ち止まることになってしまうんです。
なので、願いに関して不安があったり、大きな問題があるときは、願いが叶った世界に立った視点で今を振り返る方法(懐かしみ法へのリンクです)などで、「色んな事もあったけど、大丈夫だった」という、幸せに達成した気分で、瞑想などを楽しんで頂ければ幸いです。

ここで本日のまとめです。(・∀・)
潜在意識、阿頼耶識を活用して、大統領になることと、復縁や片思い、そして就活などの願いを成就するのは、どちらが簡単でしょうか?
多くの方は、「そりゃーアメリカの大統領になる方が難しいよ」と考えられるかもしれません。
でも、潜在意識、阿頼耶識の視点で見れば、どちらも「同じ」なんですよね。
同じくらい困難ということではなく、どちらも同じように当然のこととして達成することが出来る、潜在意識、阿頼耶識の力と共に、「願望達成は決して難しくない」「叶うのが当然だ」ということを、皆さんと一緒に、もう一度しっかりと認識して行ければと願う次第です。(・∀・)

一緒に幸せになる大好きな人や、手にしたい高級車、豪邸に対しての警戒心も無くしていければ最高ですよね!(・∀・)
というわけで、また近日中に!


スポンサード リンク

便利なブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



テーマ:潜在意識、阿頼耶識、瞑想法 - ジャンル:心と身体

 | HOME |  次のページへ>>

 ■Template/hibidara

 

プロフィール

バキュ

Author:バキュ
潜在意識の法則を語るだけの語り部です。
経験から学んだ最善な方法を紹介していくよ
 三( ・∀・)ノ

(プロフィール画像をイラストレーター奥原世詩絵 様から拝戴いたしました!ありがとうございます!)

子供達の笑顔の為に出来る事。

クリック募金

 

ねむさん
当ブログのバナーを上のバナー製作者ねむさんに作っていただきました。 ねむさんありがとう。(・∀・)
潜在意識で願望を達成しよう


全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー


最近の記事


愛読しているサイト様です。

 

スポンサード リンク



Use Excite web translation to translate this blog into

Sorry for inconvenience.

QRコード

QRコード

ギガ/MSNコード:738848 (QRコードと併せて、携帯からのアクセスにご利用下さい。)

Twitter

メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

出口

Yahoo Japan
Google

カウンター

現在の閲覧者数: