潜在意識で願望を達成しよう

潜在意識、阿頼耶識を活性化させる丹田呼吸法をベースにした瞑想法で、お金、恋愛、結婚、復縁、人間関係、悩みや問題の解決、どんな願望も達成出来ますよ!潜在意識ならね!

潜在意識、阿頼耶識で、復縁、恋愛、どんな願望も達成しよう

サイト内検索

2016-11

潜在意識、阿頼耶識で癒やし溶け合い、復縁を達成する

潜在意識、阿頼耶識、神仏の力

、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)

というわけで、皆さんおはこんばんにちはです!(・∀・)


潜在意識、改めましての中で、好きな人と溶け合おう
しろくまくん「二人の、潜在意識、阿頼耶識が溶け合ってるね」
ペンギンくん「一心同体だね!」

今回は、前回のエントリーの続編ということで、過去を振り返り「心の傷を癒やしていく」がテーマです!
復縁、片思いの願いを達成される方々ですと、好きな人と向き合って、好きな人の中にいられる「仏様の手」を取ろうとしても、皆さんの過去の様々な出来事が心の中でネックになり、「素直に手を取れない心境」を作り出されていたりしてしまう。
こんなことってありますよね。(・∀・;;)

特に恋愛関係の願いですと、気持ちのすれ違いもあれば、言葉足らずでお互いに傷つけあったこともあるかもしれません。

そういった「心のモヤ」があると、先程も書かせて頂きました通り、願望と真っ直ぐ向き合うことが難しくなりますよね。(・∀・;)
こんな時は、自分を癒すことが重要になるのですが、「癒やしても効果を実感できない」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

さて、どうして「心のモヤ」が、私たちの心に残り続けるのでしょうか?
誰でにも思い出したくない過去はありますが、忘れようとしても記憶から消えませんよね。
人は一度経験した記憶した出来事や、見聞きしたことは、脳の神経細胞に記憶されるので、忘れようとしても、なかなか忘れることは出来ません。
そして、方法論としてですが、過去の出来事を忘れようと、今の自分を癒やしても、「忘れたい出来事が起きた時間」と「忘れたい今」に時間的にズレがあるので、今の自分を癒やしても過去の出来事には届かないので、「心のモヤ」が残る結果になってしまうんですよね。(・∀・;)

例えば、2つの地域があるとします。
1つ目は「今現在」という地域(県)、2つ目は「過去」という地域(県)。
この2つの地域が隣接している「地図」をイメージして頂ければ幸いです。(・∀・)

今現在という県にお住みの皆さんは、以前お住みだった過去県に雨が降らず、農作物が育たず心配になります。
そして、今の自分を癒そうと、恵みの雨を降らせようと雨乞いを初められます。
すると、「今の自分を癒やす」ことが目的になってしまっているので、雨が必要な過去県ではなく、今現在県に恵みの雨が降り注ぐことになります。(・∀・;)
窓の外の雨模様を見た皆さんは、「雨が降ってるから、これで安心できる」と、一時的に感じられますが、本当に雨を必要としている地域、過去県には雨が降っていないので、その様子をニュースで知られ、また「過去」に対して「心のモヤ」を感じるようになってしまいます。(・∀・;)

地域(県)を「心」、恵みの雨を「癒やし」
このように置き換えて考えて頂けると、過去の出来事で心の問題を抱えているのに、今の自分に愛情を注いで語りかけて、癒やしても余り効果がないことが分かってきますよね。

この考えは対人関係にも同じことが言えるんです。(・∀・)
復縁などの、対人関係の願望をお持ちの方であれば、「あの時に戻って好きな人に謝罪したい」と考えられることはありませんか?
こういった場合も、上で書かせて頂いたことと全く同じ話になりまして、「過去にいる好きな人に伝えたい事がある」と思いながら、今の自分自身を癒やしたとしても、今の自分と過去の自分は、全く別の時間にいるので、根本的な解決にはならないんですよね。(・∀・;)

例えば、遠い過去に友人を傷つけたとします。
その友人と街で偶然再会して挨拶をして、当時のことを詫たら、友人は「あの時のことは気にしてないよ」と言ってくれるのですが
やはり、あの時の友人の泣き顔が忘れられず、罪悪感を引きずってしまう。
こんな経験ありますよね?(・∀・;)
やはり、こういった場合も、今の自分を癒やしても、どこか「自己正当化」や「一時しのぎ」のような感覚を覚えてしまい、癒やした「その時」は良いのですが、時間が経つと、また罪悪感が湧いてきてしまうんです。

個としての石を持って生きていれば、家族や友人などに、大なり小なり誰かに迷惑をかけたり、傷つけてしまうもので、「罪悪感」であったり、「過去に戻って相互理解したい」という願いを持つことは避けられないのではないかなと考える次第です。(・∀・;)

なかなか難しい問題ですよね。(・∀・;)

では、どう解決して行けば良いのか?という話になるのですが、皆さんならどうなされます?(・∀・)
考えれば考えるほど、「万策尽きた」と悩みばかり増えてしまいますよね。

ここで、本日のテーマである、潜在意識、阿頼耶識を活用して「癒やす」という解決法の話になるのですが
過去の傷や罪悪感は、過去に戻って解決するのが、最善なのではないかと考えます。(・∀・)

「え?過去に戻る?」と驚かれた方も多いかもしれません。(・∀・)
もちろん、私たちが過去に直接戻って、過去に傷つけた人や、傷付いた自分自身を癒やすわけではありません。(・∀・;)


ここで、皆さんの時間を少し頂ければ幸いです。
まず、傷付いてしまった皆さんご自身、または大切な人、そして誤解を解きたい人など、過去に戻って会いたい人を思い浮かべてみてくださいね。
思い浮かべられましたか?(・∀・)

次に、過去という過ぎてしまった時間の世界にも、皆さんを救いたいと願われている、「仏様」が待っていられること思い出してみてくださいね。(・∀・)
その仏様は、過去の世界で傷ついている人、悲しんでいる人、悩んでいる人に「こちらにおいで」と、優しい笑顔で手を差し伸べられています。

そして、過去の世界にいる傷付いた人(皆さんご自身であったり、大切な人、謝罪したい人)が、上で書きました仏様に包み込まれ、抱きしめられながら、安心して笑顔になられているのをイメージしながら、癒やされているのを心で感じます。
(赤ちゃんや小さな子どもが、お母さんに抱っこされて安心して笑顔のまま眠っているイメージに近いかもです)

以前、般若心経の解説を書かせて頂いたエントリーでも少し紹介したのですが、仏様に手を取られて、包み込まれることで、人は仏様と共に道を歩き始め、このことを「成仏」と言います。

「成仏」と聞くと、他界した人が仏様の世界で幸せに暮らすことだと考えてしてしまうのですが、そうではなく、私たち「人」は仏様の「あなたを救いたい」という願いに気付き、差し出された手を取ること、つまり今このまま、生きたままで救われることも「成仏」なんです。(・∀・)

「最上の癒やし=成仏」
このように受け止めて頂ければ嬉しいです。(・∀・)

「成仏」と聞くと遠い世界の話と感じてしまうのですが、実はとても身近な話なんですよね。(・∀・)

さて、話は戻りまして、大好きな人と復縁したいけど、「好きな人に、何を伝えれば良いのか分からない」と言った場合であれば
ご紹介しました通り、「誤解が生じた日」の好きな人を仏様に預けることで、好きな人からの「もういいよ」という和解の言葉ではなく、「ありがとう、これからもよろしくね」という最高の言葉を、願望達成という形で披露してくれますよ。(・∀・)

片思いの人であれば、ただ「好き」という気持ちを一方的にぶつけるのではなく、好きな人が仏様に癒やされているのをイメージすることで、掛け替えのないパートナーとして、切っても切れない強いご縁で結ばれるようになります。(・∀・)

仏様、潜在意識、阿頼耶識を通して、「今を癒やす」のではなく「原因である過去を癒す」ことで、恋愛関係に限らず、最善のご縁を創り上げられてくださいね!
過去が癒やされれば、今が変わり、そして未来も温かい世界になりますよ。(・∀・)

さて、ここで本日の「過去を癒す方法」の応用です!
過去・現在・未来の好きな人を思い浮かべながら、皆さんも一緒に仏様の中で繋がるのではなく溶け合うことで、その当時に出会って無くても、肉親のようなご縁で結ばれ、お二人が一つの存在になれます。(・∀・)
そのご縁は繋がりではなく、お二人が溶け合って出来ているので、例え強い衝撃を受けて粉々に砕けたとしても、その砕けた破片は、お二人が溶け合い出来たご縁ですので、決して離れることが出来ないご縁になります。

潜在意識、阿頼耶識を活用する瞑想法などで、幸せな復縁や結婚をイメージしながら、仏様を仲人さんにして、好きな人と溶け合えば、「結婚」や「生涯の伴侶」という言葉でも物足りない、もっともっと強い関係になれますよ。
いや、もう二人は同一の存在になるので、「関係」という言葉すら越えて結ばれるのかもしれません。(・∀・)

本日のエントリーはいかがでしたか?(・∀・)
傷付いた過去の自分や誰かは、過去に戻って癒やす。
そして、お二人が、潜在意識、阿頼耶識を通して、仏様に委ね、そして溶け合えば、物理的な距離があろうとも、トラブルが起きようとも、決して離れることが出来ない関係を築くことが出来るという話だったのですが、よろしければ瞑想で取り入れてみてくださいね!


というわけで、本日の二時間目は、「既にRさん」と「情熱のエビスさん」の素敵な潜在意識ブログさんの紹介(リンクとなっております)です!
是非、ご覧頂ければ幸いです!(・∀・)


スポンサード リンク



便利なブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ:潜在意識、阿頼耶識、瞑想法 - ジャンル:心と身体

優しいお兄さん、「既にRさん」と「情熱のエビス」さんの潜在意識ブログ!

潜在意識、阿頼耶識、神仏の力

、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)

というわけで、本日の二時間目です!


潜在意識、阿頼耶識の素敵なブログさんです
潜在意識、阿頼耶識の世界を優しく紐解かれる素敵なブロガーさんです!


いつもお世話になっております、潜在意識、阿頼耶識男子の「既にR」さんと、「情熱のエビス」さんのご紹介です。(・∀・)


「既にR」さん
ネットで活躍されていた、潜在意識のメンターさんで、ご存じの方も多いと思います。(・∀・)
既にRさんは本当に素敵な方で、周囲の人が不快になるような言葉を一切語られない方なんです。
「既にRさんは優しい方ですね」と伝えると、「そんなことないですよ、バキュさん」といつも謙遜されるのですが、そんなところも優しいお気持ちあってのことだなと、日々感じております。(・∀・)
周囲の人を傷つけないコミュニケーションは、色んなことを聞いて、見て、経験してから身に付くことも多いと自分は考えているのですが、既にRさんは色んなことを見てこられたのだろうなと、拝察しております。

潜在意識、阿頼耶識の法則について、ご相談を受けてアドバイスする場合ですと、ご相談者のお一人お一人が似ているようで全く違う願望を持たれれ、そして願望の数を上回る悩みや不安を抱えられています。
そんな時に話を伺う側として、最も重要で活きてくるのが、「経験の多さ」ではないかと、自分は考えています。
既にRさんの、「うんうん」と話を聞かれる姿を拝見して、色んなことを経験されて乗り越えられた、人として男としての懐の深さを感じております。

周囲に皆さんの立場も考慮されつつ、的確なアドバイスを提示して下さる、既にRさんが伝えられる、潜在意識、阿頼耶識に関する情報やアドバイスは、願望を達成するにあたり、悩まれる皆さんにもっても、とても有意義で、そして安心感を持って感じ取れるお話だと感じております。

そして何より、ブログの内容がすごいんです!
どんな立場の方が読まれても、共感できる内容で書かれていまして、自分も何度も効果を実感しました。
優しいお兄さんが語りかけてくれるような文章を読んでいると、「読む」から「感じ取る」に心の状態が変わっていき、日々の生活の質が底上げされていくのを、強く実感して頂けると確信しております!(・∀・)

そんな、「既にR」さんのブログ。
「既にRのブログも楽しんで行きまっしょい」(リンクです)
当ブログと共々、是非皆さんにご一読頂ければ幸いです!(・∀・)
絶対の自信を持ってオススメいたします!良いこと起きますよー!



そして、もう一人のメンターさん「情熱のエビス」さん!
心技体を兼ね備え荒れた、素敵なお兄さんです!
心技体と書かせて頂いたのですが、心と身体の調子は密接に関わっておりまして、技である瞑想法なども、また心(潜在意識)と体に作用する重要な要素なんですよね。(・∀・)
全てを兼ね備えた、情熱のエビスさんも、また周囲の皆さんにいつも気を配られ、モチベーションを高めてくださる、とても素敵なお兄さんです!(・∀・)

潜在意識、阿頼耶識の状態を確実に向上させる方法があるのですが、ご存じの方も多いかと思います。
それは「朝の散歩」なのですが、朝日を浴びることで、体内にビタミンを生成して、歩くことで悩みごとを考えない著しい効果があるとニュースサイトなどで話題になっております。
情熱のエビスさんは、武道のご経験者で、そういった動くことで、潜在意識、阿頼耶識を活用するという智慧を広く深くお持ちなんです!(・∀・)

実践的な、潜在意識、阿頼耶識活用法は、とても勉強になりますよ。(・∀・)

そして、言葉を耳に語りかけられるのではなく、言葉を相手の心に語りかけられるスタンスを重視なされていて、情熱のエビスさんもまた、人それぞれ立場や抱える気持ちは違うので、「理解」を重視されています。
既にRさんと同じく「安心感」に包まれる、潜在意識、阿頼耶識のメンターさん、情熱のエビスさんのブログ!
「願望成就!潜在意識でゴー!」(リンクです)

こちらも素晴らしくオススメのブログさんですので、宜しくお願い致します!m(_ _)m


「既にR」さん、「情熱のエビス」さん、お二人とご縁を頂いた自分。
潜在意識、阿頼耶識ブロガー男子一同、今後とも皆さんとご一緒に、幸せを掴んでいけたらと頑張ってまいりますので、今後とも、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します!m(_ _)m


というわけで、また近日中に!(・∀・)ノ


スポンサード リンク



便利なブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ:潜在意識、阿頼耶識、瞑想法 - ジャンル:心と身体

復縁やご縁を繋ぐ心の手を取って、潜在意識、阿頼耶識で願望を達成しよう!

潜在意識、阿頼耶識、神仏の力

、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)

というわけで、皆さんおはこんばんにちはです!(・∀・)

今回は、皆さんに聞いて頂いた、「相手の中に仏様を見る考え」を、復縁や片思いに特化して活用してみようという話です。
少しでも皆さんのお役に立てるように頑張りますので、本日も宜しくお願い致します。m(_ _)m


大好きな人の仏様、潜在意識、阿頼耶識が差し出す手を取ろうよ!
大切な人の中にいられる仏様「僕の手を取ってご縁を繋ごうよ!」


早速なのですが、復縁を目指される皆さんが持たれる、「共通の悩み」と言えば、相手の方との心的なものであったり、物理的な距離感ではないでしょうか?

たった一人の大好きな人と、ただ一緒にいたいだけなのに、遠くに感じてしまう。
世界には沢山の人がいて、周りにも色んな人がいるのに、たった一人の人と会うことも出来ない。

失恋や片思いを生きていると、切なさや寂しさだけが溢れてきますよね。

自分の私見なのですが、寂しさや切なさ、不安や悩みがあるから、好きな人に「こうしてあげたい」「笑って欲しい」と、前よりももっと強く思えるのではないかと考えることが多いです。
側にいたら、色んな事が「当然」になってしまい気付け無いことも多いのですが
離れていると、相手に喜んでもらいたいという気持ちが、以前より強く湧き上がってくることもあると思うんです。(・∀・)

そして何よりも、復縁や片思いが、潜在意識、阿頼耶識の法則で達成された後も、お二人が乗り越えられる問題も度々出てくるんですよね。
片思いや復縁を成就されて、結婚生活を迎えられれば、それから全く価値観や、育った環境が違うお二人の、長い長い生活が始まります。
長い時間を共有する間に、大切な何かを見失ってしまうことも一度や二度ではなく、当然何度もあります。(・∀・;)

そういった時に、「復縁」や「片思い」を成就しようとした、過去(今)の経験が必ず生きてきます。

失恋や、片思いを追いかけることは、本来必要がない「寂しくて辛い」ことと受け取ってしまいそうになりますが、そうではなく、大好きな人と幸せな時間を生きるために、必要な経験をしていると受け止めて頂ければと願っております。

好きな人とを傷つけてしまった分だけ、傷付いてしまった分だけ、「幸せになりたい」と願うのが、人の自然な姿ですもんね。


では、早速ですが本日の本題である、「ご縁を繋ぐ」方法をおさらいしながら、復縁や片思いの成就の一歩を踏み出してみましょう!(・∀・)

先日の、「法華経と多宝如来に、潜在意識、阿頼耶識の世界を見る」というエントリーの中で、相手の中に、「仏様を見る方法」を紹介させて頂きました。(・∀・)

大好きな人の中にいらっしゃる仏様を感じることで、皆さんと大好きな人の縁が繋がり、今どんな状況や関係性に身を置かれていたとしても、お二人の縁は切れることはありませんと書かせて頂いたのですが、それでも過去の出来事を考えてしまうと、好きな人の中に住まわれる仏様を感じることも、難しく思えてしまいますよね。(・∀・;)

そこで質問なのですが、「仏様」について、皆さん、どのようなイメージをお持ちですか?
恐らくですが、多くの方が「慈愛に満ちた優しい存在」と、感じられてるのではないでしょうか?

皆さんのお考えの通り、仏様は人の過去の失敗や、短所と思われる部分も含めて認められた上で、「可愛い我が子」として包み込まれているんですよね。
それでも、「私はこんな悪い部分もあるから、仏様や神様も見放すに違いない」と悩まれる方もいらっしゃるかもしれません。(・∀・;)

事実は少し違いまして、どんなに善人に見える人であっても、悟りを開いたと自称する立派な人がいたとしても、些細な悪事も見逃さないのが仏様であり神様であるので、どんな人の悪い部分も決して仏様や神様の目を欺くことは出来ないんです。

仏様や神様の前では、どんな人も例外なく「悪い部分を持つ存在」であり、そんな悪い部分を持ち悩む「我が子」だからこそ、誰よりも愛おしく救いたい存在として、私たちに手を差し伸べられているんですよね。
神仏の慈愛は本当にありがたいです。

なので仏様は、皆さんと大好きな人、お二人の過去も見ていらっしゃるし、全てを知られています。
そんなお二人だからこそ、結ばれて幸せになって欲しいとお考えになるのも、また仏様や神様の慈愛の心であるんです。(・∀・)

どういうことかと言いますと、常識的に考えると、好きな人を傷つけてしまった場合であれば、相手の中の仏様は、私(皆さん)を拒絶するだろうと、人間関係での学びや経験から感じてしまいますよね。
また、好きな人が私(皆さん)を傷つけてしまえば、皆さんの中の仏様が、好きな人を遠ざけてしまうと考えてしまうのではないでしょうか?

ここで「我が子を救いたい」と願われる仏様の慈愛を考えてみると、皆さんが、「大好きな人と結ばれることは当然である」ということに気付けます。
大好きな人の中の仏様や神様も、皆さんが傷つけた、傷ついてしまった過去のことを含めて、「それでも二人を笑顔にしたい」と願われていて
また皆さんの中の仏様も同じように、「二人を……」と願われていらっしゃるんですよね。

日々の生活を営む中で、心穏やかに過ごしたいと願われる場合であれば、「私という存在の全てを愛おしいと思われてる仏様に包まれる」と感じる、「包まれ瞑想法」が大きな効果を発揮してくれるのですが
復縁や恋愛成就を願われる場合ですと、好きな人の中にいらっしゃる仏様の慈愛が、皆さんにも向けられているという仏様の真意を感じて、その手を取ることが、信じられないほどに大きな効果を生み出してくれるんですよね。(・∀・)

大好きな人の中に住まわれる仏様の「あなた(皆さん)は可愛い我が子」という気持ちや、「あなたを救いたい」という思いを汲み取って、その手を取られてみてくださいね。
そうすることで、どんなに修復不可能と思えるような場合でも、物理的な距離や、様々な事情が重なって音信不通になってしまった関係であっても、強いご縁で再び結ばれるようになりますよ!(・∀・)
そして、そうして繋がったご縁は、何があっても切れることもなければ、誰も何も壊すことができない繋がりになりますので、瞑想法や書く方法を楽しむときに、お相手の仏様から差し伸べられた手を取って頂ければ幸いです。

そうすることで、お二人の中の仏様が全ての事情や問題を組まれた上で、奇跡のような達成を導き出してくれますよ!(・∀・)

というわけで、今日はここまでです!
相手の中の仏様や神様を感じることで、大切な人の気持ちに今まで以上に寄り添えるようになるのかもしれませんね。(・∀・)

潜在意識、阿頼耶識、仏様は、成就率120%の最高の仲人さん!

本日のまとめのコーナーです!(・∀・)



復縁も含めて人間関係全般に言えることですが、相手の気持ちを否定する言動を繰り返せば、相手の中にいる仏様との繋がりが切れ、本来繋がるものも瞬時に壊れてしまいます。相手の中に仏様を見て認めて寄り添えば、壊れたものも瞬時に繋がり、何があっても壊れないのが、潜在意識、阿頼耶識と共通する法則ではないかと感じております。
大切な人と心で手をつなごう!(・∀・)




次回は、今回の話の続編です。
書き上がりました際は、宜しくお願い致します!(・∀・)


スポンサード リンク



便利なブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ:潜在意識、阿頼耶識、瞑想法 - ジャンル:心と身体

古典文学に見える、潜在意識、阿頼耶識の法則(雨月物語と弓と禅より)

潜在意識、阿頼耶識、神仏の力

、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)

というわけで、皆さんおはこんばんにちはです!(・∀・)

今回は、『雨月物語』(うげつものがたり)にあります、「貧福論」から、願望達成についてのヒントを、皆さんと一緒に探して行ければと考えております。
本日も、宜しくお願いいたします!m(_ _)m


潜在意識、阿頼耶識の法則を語る翁様
翁様「今日は、潜在意識、阿頼耶識の事実を明かそうと思うのじゃ」


さて、「雨月物語」と言えば、江戸時代の短編小説なのですが、小説と聞くと「創作された話じゃないか」と、願望達成の話とは関係ないように感じてしまいますよね。
ところが、作者の上田秋成は、雨月物語の前置きで、羅漢中(三国志演義、水滸伝の作者)は、作中で正史とは異なる話を書いたので悪評を立てられ、紫式部もまた嘘(個人的な愛憎感情だけで書いた風刺)を書いたので、苦しむことになったと書いております。(・∀・;)

自分の私見ですが、羅漢中に関する悪評は、彼の人付き合いの悪さから発した悪質な噂に過ぎず
紫式部に関しては、関係を持っていた藤原道長の素っ気ない態度に憤りを感じた紫式部が、平安時代きってのプレイボーイであった、在原業平(光源氏のモデルと言われています)の恋多き生涯と、藤原道長の女性遍歴と重ね合わせて、源氏物語を書き上げた説が強く、「元恋人を恨んでも苦しいだけですよ」と、上田秋成が仏教的な解釈で当時の人々に「戒め」として書き残したものだと考えております。

そういった前置きに続き、上田秋成は、「私が今から書く話は、本当のことではないので適当に読んで欲しい、なので、どうして私が酷い目に遭おうか」と、なんとも回りくどい言い方ですが、事実を風刺した三国志演義、水滸伝や源氏物語と、雨月物語を同列に置き謙遜しつつも、「雨月物語も事実であり、傑作である」と位置づけているんですよね。(・∀・;)

面倒臭さも感じますが、天才歌人であり、思想家でもあった上田秋成が、事実をどう伝えるべきか迷い複雑な心境に身を置いていたことが垣間見えます。


さて、時は戦国時代、岡定俊さんという、上杉家や蒲生家に重心として仕えた武将がいました。
この岡さん、部屋中にお金を並べて昼寝すること楽しみにする、お金が大好きな人で、倹約を楽しみ、大いにお金を増やします。
その性格から、周囲からは「変わった人」として見られていました。

お金が大好き!と言ってもケチな人ではなく、岡さんにお仕えする男性が小判一枚を大切にしていると聞くと、その男性を呼んでお金の大切さを説き、十両の小判を与え、また金銭に困っている仲間に惜しみなく金銭を貸し、転封(転勤)するときには、その借用書を破って去るという好人(憎めない好人物)であったらしく、直江兼続から別れを惜しまれ、多くの庶民からも慕われたと伝えられます。

ある日の深夜、この岡さんの寝室に黄金の精霊を名乗る、小さな「翁」が訪ねて来ることで、貧福論の本編が始まります。

翁は、「私は人でもなければ、魑魅魍魎でもありません、あなたが大切にしている黄金(金銭)の精霊です」と名乗ります。
なんでも、「岡さんが、長年に渡り金銭を手厚くもてなし、仕える男性に金銭の大切さを説いたことに嬉しさを感じて、色々と語りたいことがある」とのこと。

そして翁は、世に蔓延する「金銭は卑しいもの」とする風潮を嘆き、そして悲しみます。
「私は神でも仏でもなく、金銭の精霊なので、人の道を説いた、仏教や道教とはまた違う考えを持っています」
「金銭が集まる理由は、決して前世が善かったからでもなく、悪かったからでもありません」


翁の話は続きます。
「申し上げました通り、金銭には心(霊や徳)がありますが、人の心と違うので非情なものです」
「不義理な人に理由もなく貸し与えれば、あなたの心根が善くても、財は見切りをつけて去ります」
「申し上げました通り、金銭には徳があります。その徳を大切にする人は大いに集め、軽んじる人は割れた瓦を捨てるより簡単に失います」
「人の世の善悪ではなく、天の道理(潜在意識の法則)に適うところに集まるだけなのです」と金銭の意思を伝えます。

金銭にも何かしらの意思と徳があることを知り、手厚くもてなせば、天の道理である、潜在意識、阿頼耶識の法則に従い無尽蔵に集まってくると、黄金の精霊である小さな翁が、岡さんに教えてくれているんですよね。(・∀・)

翁は金銭を得ることについて、このように説きます。
「ケチで貪欲な人は、金銭を見ては父や母のように親しみ、寝ても覚めても忘れませんが、このような人に金銭が集まるのも、また天の道理なのです」
「何度も申し上げましたが、私は神でも仏でもないので、天の道理(潜在意識)に従うしかないのです」


翁のこの言葉に、驚かれた方も多いかもしれません。
「寝ても覚めても(金銭のことを)忘れない人に金銭が集まる」という一節に、道元禅師の「願いを寝ても覚めても想えば、邪な願いでも叶う」と重なりますよね。(・∀・;)
私たちが決めた常識や、善悪の基準に従うのではなく、寝ても覚めても忘れずに「叶えられている」と思い続ければ、本当に願望が叶ってしまう、潜在意識、阿頼耶識の、どこか非情で強制力を持つ法則の力を、翁は伝えたかったのだと察することが出来ます。

そして、夜が明け語り尽くした翁は「想いを語り尽くせました」とお礼を述べ、「この戦国の世は、上杉、武田、織田といった英雄が活躍して、豊臣の天下となるが、それも長くなく、徳川の世になります」と言い残し、朝露の中に消えます。

翁の話に感服した岡さんは、この日に聞いた話を深く信じるようになります。
そして、翁の話通り、徳川家康によって戦国の世が終わりを迎えて行くことになります。


雨月物語の貧福論は、ここで終わるのですが、どこか不思議で納得してしまう話ですよね。(・∀・)

この話の興味深い所は、まず作者である上田秋成が遠回しに「正直に事実だけを書く」と前置きに残し
そして、作中の黄金の精霊である翁と、岡さんも「非情ではあるが、事実である」と語っているんですよね。
作者が書いたものではありますが、三人の人物を介して、事実であることを何度も強調しているので、上田秋成が強く残したかった思想であり、成功法則であったと考えられます。(・∀・)

そして、上田秋成が道元禅師の言葉を知っていたのか、自分は知ることが出来ないのですが
「寝ても覚めても想うこと」が、天の道理、すなわち、潜在意識、阿頼耶識の法則に働きかけることを、岡さんと翁の逸話を通して知ることとなり、「寝ても覚めても」という一節を、当時を生きる全ての人に、そして後世に生きる私たちに、一人の思想家として知らせたかったのだと拝察する次第です。

潜在意識、阿頼耶識には、良いことも悲しいことも、全ての事象が詰め込まれているので、翁が話したように、どこか機械的な「非情さ」を感じてしまうことも確かです。(・∀・;)
例えば復縁の願いであれば、潜在意識、阿頼耶識にある失恋を非情にも経験したとすれば、復縁もま、法則に従い「機械的に成し遂げられる」ことも事実なんですよね。(・∀・)

ただ、「寝ても覚めても想う」という言葉には、注意したいもので、叶ってない現実を思い、ずっと悲しむのではなく
いつ現実が動くのかと憤ることでもなく、思い通りになっていない今の世界を見て焦り嘆くことでもなく
「願いが叶えられて、安心感に包まれた世界」に浸り続けることで、日常生活で見える全ての風景がどうであれ、潜在意識、阿頼耶識の法則を活用する、「先取り観測」「懐かしむ方法」の状態に身を置き、強制的に願いが叶えられるのだと、自分も経験上、そして寄せて頂く願望達成談を拝見して、確信する次第です。(・∀・)

願いについて、寝ても覚めても思い悩み悲しむのではなく
上記の通り、寝ても覚めても、叶えられた世界を楽しむことが、道元禅師、そして小さな翁が私たちに伝えたかった法則性がある事実なのかもしれませんね。

ただ、常に願いが叶えられた世界を楽しみ、潜在意識、阿頼耶識にインプットすれば道理に従い成就することが、非情な事実だとすれば
人は人である限り、不安や悩みとは無縁でいることが不可能であることの、また非情な事実なんですよね。(・∀・;)

なので、大乗仏教で迷いや不安もまた、私たち自身を幸せに導くために必要なものであるとする
「煩悩即菩提」が説かれているので、不安や迷いを悪いものとせずに、包まれ瞑想などで上手に向き合って、達成された世界を楽しむ状態に向けて、皆さんと心を整えて行ければと幸いです。

煩悩(迷い、不安)も、仏様や神様が人に与えられた大切な感情なので、怖がらず、煙たがらず、煩悩を通して何を感じているのかを、確り知ることで、復縁、片思い、就活や、収入などの願いを、上手に叶えていきたいものです。(・∀・)


そして、善悪の基準に縛られずに働く、潜在意識、阿頼耶識の法則を活用する上で、大切なことがあると痛感しています。
親鸞聖人の「薬があるからと、進んで毒を飲むべきではない」という言葉をお借りして恐縮する次第ですが、全てを解決する「法則」があるからと、沢山の人が寄り添い合って生活する社会を生きる中で、好き勝手に振る舞わないことも、とても大切なことだと痛感する次第です。m(_ _)m

潜在意識、阿頼耶識を活用する皆さん、活用されない方々も含めて、まーるく願望を達成したいですよね。(・∀・)



潜在意識、阿頼耶識、ちょっといい話。(・∀・)


伝統的な精神世界の話が書かれた古典書と言えば、「弓と禅」の話をよく聞かせて頂くのですが、あのスティーブ・ジョブズの愛読書としても知られ、心と結果について深い話が書かれています。
ドイツの哲学者オイゲン・ヘリゲルさんが、弓道の達人である阿波研造さんに弟子入りして体験された様々な逸話が書かれているのですが
阿波さんは、暗闇の中で第一の矢を的の中心に的中させ、次に放った第二の矢で、第一の矢の中心を射抜かれるという神業を、ヘリゲルさんに見せられます。

「どうしたら、そんな離れ業できるのですか?」
ヘリゲルさんは必死に問いかけます。

阿波さんは答えられます。
「丹田呼吸法を行うことで、精神にある全ての源泉に繋がれます。そして源泉があなたの心から溢れ出し、全身に流れ出すでしょう」
「そして、あれこれ考えず、まず的を自分だと感じ、心で的を射て矢を放つことです」

「デモデモダッテ」と、あれこれ考えずに、まず先取り観測で安心することで、当然「的を射ている」と、ヘリゲルさんに指導されたそうです。
丹田呼吸法という最高のメソッドを実践して、心で先にイメージすることで、的を射たのではなく、「既に射られている」状態が宇宙に作り上げられることが書かれ、瞑想を実践されていたこと企業家として広く知られるジョブズさんも、世界最高の企業という的を射られた(達成された)んですよね。(・∀・)

この方法で、弓聖である阿波さんのように、潜在意識、阿頼耶識を活用しての願望達成も百発百中になります!(・∀・)

話は少し変わりまして、潜在意識、阿頼耶識を活用される、先輩方から教えて頂いたのですが
空手や剣道などの伝統武道でも「打って勝つな、心の中で勝って打て」と指導されるそうです。
先取りすることで、結果は既に決まっている知恵は、古くから広く深く語り継がれていることを学べますよね。(・∀・)

復縁、片思い、大きな収入など、私たちは様々な願いを叶えることを目指す上で
デモデモダッテ思考を捨て、まず結果を先に感じ取り、イメージに浸ることで、願望達成を迎えられる!(・∀・)

そんな素晴らしい先人方の知恵に習い、皆さんと幸せを掴む道をご一緒できれば幸いです。m(_ _)m

私信となりますが、このお話を基にご指導いただいた先輩方に、心から感謝です。




この世界に存在する全ての物質が、願望達成の的!どこに向けて打っても当たります!
というわけで、また近日中にです!(・∀・)ノ


スポンサード リンク



便利なブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ:潜在意識、阿頼耶識、瞑想法 - ジャンル:心と身体

電気の流れと、ブラックホールに見える、潜在意識

潜在意識、阿頼耶識、神仏の力

、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)

というわけで、皆さんおはこんばんにちはです!(・∀・)

今回は、前回に続きまして、潜在意識、阿頼耶識を物理的な視点で見てみようといったエントリーとなります。(・∀・)
ミクロの世界の面白さを、皆さんとご一緒できれば幸いです。
今回も宜しくお願い致します!m(_ _)m


潜在意識、阿頼耶識が開く、願いが叶えられた世界の扉
意識を構成する「物質」素粒子が開く、潜在意識、阿頼耶識の窓を向こうにあるものとは?(・∀・)


皆さんは、私たちの思考に「素粒子」が関係しているという話を、目にされたことはないでしょうか?
恐らく、ネットサーフィンを楽しまれている方だと、「思考は物質」だという話を、度々目にはされるけど、どうして物質なのか?という突っ込んだ話については、疑問のままの方も多いかと思います。

私たちの思考は脳内で、電気信号を発して、お互いに情報のやり取りを行っています。
なので、「思考や自我の正体は電気信号」という話も出てくるのですが、この「電気信号」の「電気」とは、一体どのような存在なのでしょうか?
電気と聞くと、漠然と思い浮かべるのは、触るとビリビリする、電線を流れている、家電製品を動かすための「電流」ということを思い浮かべるのですが
その正体は、電子と呼ばれる素粒子が、電気を流す線の中を流れる(この流れる電子のことを「自由電子」と言います)ことで、電気というエネルギーになるんです。(・∀・)

この自由電子の数が多い物質を「導体(電流が流れるもの)」
自由電子が存在しないような物質を「絶縁体(電流を通さないもの)」といいます。
導体と絶縁体は、よく耳にしますよね。(・∀・)

さて、話は戻りまして、脳内で情報を交換するために、私たちが常に発する「電気信号」についてなのですが
直流(DC)と交流(AC)という、電気が流れる仕組みの違いを耳にされたことはありませんか?
どちらにも、長所があるのですが、効率だけで考えると、よりメリットがある方式は「直流」なんです。(・∀・)

ただ、メンテナンスなどが容易とのことで、私たちの家のコンセントは交流で電気が流れてくるのですが、技術が進歩した現在では、メンテナンスに高度な技術が必要な直流の送電方式のメリットが見直されています。(・∀・)

こんな話を書いていると
「直流とか交流とか、それが願望達成と何の関係があるのさ!」となっちゃいますよね。(・∀・;)

実は、関係があるんです。(・∀・)
なんと、私たちの脳内で走る「電気信号」は「直流」方式で発せられているんです!
直流で発せられるので、交流のように一定の電圧を維持するために、必要以上の電圧が求められる勿体無いこともなく
発せられた電気信号が、考えられる限り最も効率よく、脳内で交換されるという仕組みで完成されています。

私たちの「思考」の仕組みって凄いでしょ?(・∀・)

そして、どうして「思考」は「物質」と言われるかと申しますと。
「思考は電気信号」であるの、電気信号を作る「電子」という素粒子は、この世界で最小の「物質」だと定義されているんです。

なので、思考は「素粒子」であり、「物質」であるんですよね。(・∀・)

思考は物質であり、物質であるので、「重力」が存在すると考えられます。

この「重力」、どうも調べていると想定される力より、弱い力で作用しているらしく
どうして弱くなっているのかと言いますと、リサ・ランドール教授(物理学)によると、重力が別次元に漏れているのが原因らしいんです。(・∀・;)

「蛇口から出てくる水の水圧(重力)が弱いと思ったら、水道管に穴が空いていて、そこから水が隣の敷地(別次元・パラレルワールド)に漏れていた」

こういった現象が、重力の世界でも起きているんですね。。(・∀・;)

思考にも重力があり、その重力が異次元、もしくはパラレルワールドに漏れている。
重力と言えば、宇宙に点在する「ブラックホール」がとてつもなく大きな重力を持つのですが、ブラックホールに人が落ちてしまった場合に何が起きるかといいますと
最新の研究では、落ちてしまったブラックホールに、私たちの記憶を始めとする全ての情報が記憶されるとされています。




思考は素粒子であるので物質である。
物質であるので、重力が存在する。
重力には、情報を記憶する働きがある。
その重力は、異次元や異世界(パラレルワールド)に漏れている。




潜在意識、阿頼耶識を活用した願望達成の世界を語る上で、必ず出てくる「パラレルワールド」の世界に、私たちの「思い(イメージ)」が、どう作用しているのか、何となく見えてきますよね。(・∀・)

そして、今回大活躍の「素粒子くん」なのですが、スイスはジュネーブにありますCERNで、素粒子同士をぶつける実験が行われまして
同日、CERNの上空に異様な光景が発生したらしく、ブラックホールを生み出してしまったのではないか大騒ぎになり、訴訟にまで発展してしまいました。(・∀・;)
「もしミニブラックホールが発生しても、瞬時に蒸発するので大丈夫」という結論になったのですが、CERNによると「この実験は別次元とのコンタクトも目的として含まれる」とのことなので、怖いやら期待が膨らむやらで、複雑な心境になりますよね。(・∀・;)

そして、そもそも「素粒子がミニブラックホールとしての性質を併せ持つのではないか」という話まで最近は出てきていまして。
私たちの思考やイメージを作り上げる素粒子そのものが媒介となり、別次元や異世界に、イメージを情報として漏らしていると考えられます。(・∀・;)

思考を伝達する素粒子が、体内外の素粒子とぶつかることで、別次元を開いていて情報やイメージを漏らしているのかもしれませんね。(・∀・;)

阿頼耶識(潜在意識)縁起は、イメージで出来た種を阿頼耶識に落とし、この世界の現象のすべてを作り上げているとされます。
阿頼耶識を別次元、イメージを物質である素粒子と21世紀風に置き換えてみると、「この世界で一体なにが起きているのか?」という疑問に、明確な一つの答えが出ませんか?(・∀・)

電子の流れと言えば、以前「願いを書く」ことと電子の関係を書いたエントリーもございますので、お手すきの際にご一読頂けたら嬉しいです。(・∀・)


(後書き)般若心経の読経と写経について(リンクです)


ここで、皆さんに質問です。
復縁や片思いの願望をお持ちの皆さんであれば、イメージで発せられる素粒子が開く、小さな小さな窓の向こうの世界から、大好きな人と幸せな毎日を暮らす、ご自身が笑顔で手を降っている姿を、心で感じ取って頂ければ幸いです。

就活や社会的な成功を目指す方でありましたら、毎日志望される職場で、時間を忘れてしまうかのように、叶った世界の同僚と業務に没頭して、皆さんと職場が利益を相互に交換できる世界を、小さな窓から感じ取って頂けたらと願っております。(・∀・)

イメージという物質が開く小さな窓も、数が重なれば大きな窓になり、心に浮かぶ「叶って幸せな世界」も、確信として目視できるようになり
窓の大きさに比例して、私たちが活きる「この世界」と、叶った風景が広がる「別の世界」の相互作用が促進され、願望達成がより確実なものとして、約束されるのではないかということで、潜在意識、阿頼耶識を取り巻く、不思議な世界の旅の「しおり」に記させて頂ければ幸いです。m(_ _)m


本日の二時間目は、デジャブや輪廻についての考察です。
願望達成についても、少し触れていおりますので、宜しくお願い致します。(・∀・)


スポンサード リンク



便利なブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ:潜在意識、阿頼耶識、瞑想法 - ジャンル:心と身体

デジャブ、輪廻と、潜在意識、阿頼耶識で思い出す方法

潜在意識、阿頼耶識、神仏の力

、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)

というわけで、皆さんおはこんばんにちはです!(・∀・)


潜在意識、阿頼耶識を通して、結婚した世界を思い出そう
輪廻の向こうにある、願望が叶えられて皆から祝福された世界を、潜在意識、阿頼耶識を通して思い出しましょう!


二時間目は、デジャブ、そして輪廻の世界を巡る旅を、皆さんとご一緒できたらと考えております。
私たちの過去と未来に驚き、そして新しい視点を発見できれば嬉しいです。(・∀・)
どうか宜しくお願い致します。m(_ _)m

さて、早速なのですが「前世」や「過去世」、そして「来世」という輪廻転生の話を、テレビであったり、雑誌であったり、ネットであったり、どこかで、見聞きされているのではないでしょうか?(・∀・)

私たちの身近な「生き方」の教科書である、仏教に多大な影響を及ぼした、ヒンドゥーの教義。
インドでは今でも沢山の方々が、その信仰を守られていますよね。(・∀・)

そのヒンドゥーの教えでは、例えば家族が天に旅立ったときに、残された人達が悲しむことはあまりないそうです。
人の世の儚さを寂しさで彩り、旅立った親しい人を偲ぶ、日本の文化に生きる私たちから見ると、とても斬新で新鮮に感じられます。

どうして、大切な人との別れをそこまで悲しまないのかと申しますと、人は何千回も輪廻を繰り返すので、別れではなく新しい旅立ちであり、私たちの価値観に例えるならば、進学や就職、単身赴任で外国に旅立つ親しい人を送り出す感覚なのかもしれませんね。

私たちも生きていれば、家族や友人、色んな人達との別れがあります。
上で書かせて頂いた通り、この世界での別れは、どうしても悲しくて寂しいものではありますが、また別の時間、別の世界で新しい人生をスタートされる瞬間に立ち会えたのかなと思いに耽ってみると、寂しいけれども、天に旅立たれた方の新たな門出を応援したい気持ちも湧いてくる気持ちも湧いてきます。

「あの人も新しい人生で頑張るんだから、自分も頑張らないと!」

今までと違った、今を精一杯生きる意味を探すことができそうです。(・∀・)

さて、本日のテーマである「輪廻」についてですが、皆さんの「前世」は、どのような人生でしたか?
突拍子もない質問を書いてしまい、戸惑われた方も多いかもしれません。

前世についての記憶はないけれども
「激動の昭和初期を生きたのかな?」
「恋の文化が花盛りだった平安時代で、好きな人を想い身を焦がしたのかな?」
「中世ヨーロッパで、お城に住んでいたのかな?」

などなど、色んな想像が湧いてきますよね。(・∀・)


ここで、少し話は変わり、デジャブについて面白い話があります。

「あれ?この場所、この場面、どこかで見たことがあるぞ?」といった不思議な感覚をデジャブと言うのですが
一説では、テレビなどで無意識に見た映像が記憶に残り、「この場所にきたことがある」という懐かしい感覚になることが、デジャブの原因ではないかと言われるのですが

私たちが日常生活を過ごす中で、例えば、好きな人と復縁をしてデートをしているとします。
そして、ふと「あれ?この場面見たことがある!」とデジャブを感じたとすると、テレビやメディアの情報から受け取った記憶が原因では説明がつかないんですよね。(・∀・;)

デートの場面を例え話として、出したのですが、例えば買い物に行った先のスーパーや、職場の何気ないシーンでデジャブを感じた場合でも、同じように、「私たちが忘れただけで、どこかで見たんだよ」という説明が出来ないケースも確かに存在します。(・∀・;)

また、どうして「明らかに見てない」のに、デジャブが起きるのかという話について
「私たちは誕生から天への旅立ちまを既に経験しており、生きた全ての時間軸から自、過去の自分にメッセージを飛ばして記憶に介入している」という説があります。

どういうことかと申しますと。
未来の私たちの意識から、今の私たちの意識に様々なメッセージを届けられていて、それがデジャブであったり、虫の知らせであったり、根拠はないけど従ってみれば身を守ってくれた「直感」となっているらしいんです。

オカルト的な話で例えるならば、未来の自分から届くメッセージが、今の私たちを守る「守護霊」であり
よくよく考えて見ると、「意識(魂)は過去へ未来へと、時間の流れの中を自由に移動できるのではないか」という話になるんですよね。(・∀・;)


この話を基にして、先程の「輪廻」について考えてみると、面白いことが見えてきます。
私たちは、過去で一度人生を終えて、未来に向けて輪廻を繰り返すという、ある種の常識の中に生きているのですが
意識(魂)が、時間の概念に縛られないので、遠い未来に生まれ変わることもあれば、過去に生まれ変わることもあると考えられるんですよね。

皆さんの前世は西暦3000の未来人で、来世が西暦1500年代の中世に生きた、お姫様や王子様かもしれませんね。(・∀・)

量子コンピューターが、別世界の存在を確信させる存在として注目されますが
その話も含めて考えるのであれば、この世界とは少しだけ風景が違う、別世界の西暦◯◯◯◯年に転生するとも考えられます。(・∀・;)

もっと突き詰めると、私たちは輪廻の輪の中で、今まで何千回、何万回と生きてきたと考えられるので
例えば、東京都にお住まいの読者様の前世は、願いを叶えたご自身であり、中世のお姫様や王子様として生きられて
そして鳥取県にお住まいの読者様が、同じように今お持ちの願いを叶えた時間や、そこかのお姫様や王子様として生きられたのだと考えられます。(・∀・)

バキュの来世が、皆さんのご両親かもしれませんし、皆さんの前世がバキュかもしれません。(・∀・;)

突拍子もない話に思えてしまいますが、皆さんが宇宙の終焉まで続く中で生きられた、どこかの誰かの人生を経験しているのかもしれませんね。(・∀・)

仏は未来、現在、過去に鎮座されている話を思い出すと、時間を自由に行き来する私たちを神仏は見守ってくださり
そして、この現世を生きて、過去に傷付いたことがあれば、そんな私たちを包み込み護って癒やされているのだと考えられます。

そう感じてみると、読者様のお一人お一人が、とてもつもない経験を積まれた、素敵な方々なんだなと感動を覚えます。(・∀・*)

さて、ここからが本題です。
過去、現在、未来、別の世界を何度も生きてきた私たちが、潜在意識、阿頼耶識を通して、願望が達成された世界と向き合う場合
願いを叶えることは、願望達成した経験を「思い出す」作業になるのではないかと考えます。

復縁を成就して幸せな世界も、社会的に成功した世界も、全ての願いを叶えた世界を、私たちの意識(魂)は自由に行き来しておりまして、そして経験をしています。

例えば、丹田呼吸法で変性意識に入り、潜在意識、阿頼耶識と繋がる瞑想は、イメージしたことを強制的に実現させる方法でもあり
私たちが、どこかの時間、どこかの世界で経験した、達成された確かに存在する世界を、「思い出す」ための方法でもあるんですよね。(・∀・)

意識が自由に行き来できる、無限に分岐した世界と時間の中に、願いを叶えた事実は確実に存在するので、ただただ叶えて幸せな時間を過ごした事実を、瞑想で掘り起こし「思い出す」ことで
潜在意識、阿頼耶識を活用する上で起きる、「願いが叶っている確信(人によりましては、ゾクゾク感や安心感)」を感じられるんですよね。(・∀・)

いつもの質問を書かせて頂きます。m(_ _)m
皆さんは、どのような願いをお持ちですか?
片思いの成就、復縁、結婚、大きな収入、様々な願いをお持ちだと思います。

その全ての願いが叶えられた世界を、皆さんはご経験済みなので、瞑想などで「思い出す」を楽しまれて、そのままの世界を達成なされてくださいね!(・∀・)

どんなに困難も、山積みに見える問題も、達成した事実は決して消すことは出来ません。(・∀・)
なので、何があったとしても、皆さんの願いは達成されることが約束されていますので、安心して「叶って幸せな、あの日の風景」を思い出されてくださいね。


というわけで、今日はここまでです!

時間の流れと重力の大きさは密接な関係があるのですが、重力の中に身を置く私たちの肉体から意識(魂)が離れたとき
その意識は重力の影響からも解き放たれて、全ての時間と並行世界を、自由に移動できるようになるのかもしれません。
それまでは、少しずつ並行世界に漏れている意識(イメージ)が世界に及ぼす作用を、瞑想などで思い出すことで活用して、最善を掴めるシステムの中で生きて行くんだなと思う今日このごろです。(・∀・)

では、また近日中に!!(・∀・)ノ


スポンサード リンク



便利なブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ:潜在意識、阿頼耶識、瞑想法 - ジャンル:心と身体

久しぶりに、潜在意識、阿頼耶識と、お月様と量子論の世界とか

潜在意識、阿頼耶識、神仏の力

、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)

というわけで、皆さんおはこんばんにちはです!(・∀・)

今回は、久しぶりに量子論的に、潜在意識、阿頼耶識で願望を達成する話です。(・∀・)


観測は最善をもたらす、潜在意識、阿頼耶識の肥料!
観測することで、潜在意識、阿頼耶識の花が咲き、願望達成の花が咲きます。


ここ最近の話なのですが、人が観測しなければ「全ては存在しない」という量子の話がニュースサイトを中心に賑わっています。
「月は、私たちが観測しなければ、お空に存在しないの?」

物理学を追われる方々や、潜在意識、阿頼耶識の世界の話に限らず、哲学を紐解かれる方々にとっても、とても興味深い話として、よく話題になりますよね。(・∀・)

今回は、NTTさんが中心になって、研究された結果を発表されたとのことで、日本人の自分もワクワクして記事を拝読致しました。(・∀・)
この世のモノは見るまで存在しない“非実在性”は巨視的世界にも当てはまる(pc.watchさん)

「私たちが誰も見なければ、そこに月は無いだろう」という、実験結果になったとのことなのですが、この結果は、潜在意識、阿頼耶識で願望を達成する、私たちにとっても、とても重要な話なんですよね。(・∀・)

何のことを言ってるのか、簡単に書かせていただきますと。
量子力学の世界では、私たちや皆さん、そして夜空の星星も、観測されるまで「存在する状態」と「存在しない状態」が重ね合わさった状態に置かれていて、「見えるまで存在しない」と表現されています。(・∀・;)

自分が二度目の復縁を目指して、潜在意識、阿頼耶識を活用していたころ、最初に復縁した方とは違う周囲を取り巻く環境の問題に悩みで、行き詰まっていました。
まだ、ブログを開設するずっと前の話で、今現在、復縁などの悩みで迷われている方々と、恐らく同じような心境にあったと考えます。
八方塞がりに思える状態だと、復縁に向けての解決策はもちろん、日常生活を営む上でも見えない力や意思に拘束されているよな感覚になってしまい、毎日生きる事がキツいんですよね。(・∀・;)

そんな時に本屋さんで出会ったのが、物理学者の佐藤勝彦さんが書かれた量子論入門の本でした。
そこには、物事は観測するまで状態が決まらない、シュレーディンガーの猫の思考実験の話。
そこから発展した、願いを叶えている自分、叶えられなかった自分、色んな自分がいる、並行世界論(パラレルワールド論)の話が載っておりまして、「これは、潜在意識(阿頼耶識縁起)の話じゃないのか?」と感動したのを、今でも強く覚えております。

阿頼耶識(潜在意識)に入り込んだ、イメージ(観測)の種が芽を出して、現実世界にイメージしたままの現象を創り出す、阿頼耶識の話
お月様を観測(イメージ)することで、「お空に月がある(作りだされる)」状態が固定される、量子論の話。

全く同じ話を、違う表現で書かれているだけではないかと考えてしまう話ですよね。
どちらが仏教で言う唯識の話か、物理学でいう量子力学の話か区別がつかなくなるような感覚になります。(・∀・;)

ここで、シュレーディンガーの猫の話を、少し掘り下げてみたいのですが
「猫と放射線物質、そして放射線物質に反応して作動するガス発生装置を箱の中に入れたら、猫は生存できるか?」という思考実験なのですが
結果は「箱を開けるまで、猫の生死は50%の確立で共存しており、確認することで状態が決まる」とされています。
どういうことかと言いますと、猫は箱を開けるまで、生きてる状態と死んでしまった状態が、重なり合った状態にあるということなんですよね。

難しい話になりそうなので、皆さんがお持ちの願望である、復縁を例に書かせて頂きますと。
皆さんが、結果を見るまで、「復縁した状態」と「復縁していない状態」が、常に重なり合った状態で存在しておりまして
皆さんが観測して、「なるほど」と認識されて、初めて状態が固定されて、「復縁したか」「復縁してないか」が物理学的に決まるとされています。(・∀・)

この話を書籍やネットや見聞きすると「失恋された状態が固定されたら、どうすればいいの?」と、不安が頭を過ぎってしまうかもしれませんが
そうではないので、安心されてくださいね。(・∀・)

例えば現在、50:50の状態で、復縁している状態と失恋が続いている状態が重なり合ってるとします。
しかし、今日は叶わなかった結果を見て「もうダメだ」と観測しない限り、明日も50:50の状態が続きます。
明後日も、明々後日も、「ダメだ」と結論を出さない限り、半永久的に復縁した状態と、出来なかった状態が重なりあったままで存在するんですよね。(・∀・)

ただ、この50:50で続くのは、心的状態がニュートラルな状態の場合に限られていて、実際には50:50の状態から、「加点(叶っている心理状態)」と「減点(叶ってない心理状態)」が常に繰り返されて、数字自体は変化していくと考えられます。

自分の経験上の話なので、「これが事実だ」と言えない部分もあるのですが
叶った心理状態が70~80、叶ってない心理状態が20~30%の状態になると、叶ったようで叶ってない状態が現象化される、シンクロニシティと言われる現象が起きると考えております。


トゲトゲがあるゴムボールが、水に沈んでいる状態を想像して頂けると幸いです。
そして、トゲボールを達成された願望そのもの、水面を潜在意識に置き換えてみましょう。(・∀・)

トゲボールが水面(潜在意識)に沈んでいる状態が、叶った願望は存在しているけど、まだまだ水面に沈んでいるので、トゲボールの全てが観測できずに、現実世界ではまだ現象化されていない状態です。

叶った世界に自信を持てるようになってきて、70%は「叶っている」と観測(確信)出来れば、ボールのトゲが水面(潜在意識)から顔を出し、現実世界からも観測できるようになります。
ただ、トゲだけが現実世界に顔を出しているので、願望達成に関する断片的な現象のみが起きます。
これがシンクロニシティと呼ばれる、願望に関連した「意味を持つ現象」が起きる状態です。(・∀・)

ここで、復縁などが「達成された世界はある」と、瞑想などで観測を続ければ、90~100%の心的状態で観測が可能になり、トゲボールも水面(潜在意識)から、ポンと飛び出して、「あ、トゲボール(復縁達成の本体)を観測だ!」と、叶った状態が固定され、願望達成を迎える流れになります。(・∀・)

ここで疑問が湧いてくるのですが、トゲボールが水(潜在意識)の底に沈んでしまった状態(ゼロの状態)を観測したら、「もう復縁は無理なのか?」と考えてしまいますよね。(・∀・;)

本当に不思議な話なのですが、ゼロ(無)という状態は存在しないらしく、私たちの常識で完全に無とされている状態、例えば真空の中でも、有と無が重なり合って、常に「有と無がゆらぐ」状態だけが存在しているんです。
トゲボールが日本海溝の底に沈んで凹んだとしても、トゲボールが存在する事実は変わらないので、目視できないだけで「復縁はある」ということになるんですよね。(・∀・)
「復縁はある」と観測して水面まで浮かべば、また全てが元通りです。(・∀・;)

皆さんが復縁したい相手は元彼さん(元彼女さん)だとします。
でも、元々彼、元々々彼、またその前の彼、たまに思い出したりしませんか?
思い出した時点で、「復縁したい」「いやいや、その人は遠慮したい」という気持ちはさて置き、復縁した世界が確実に準備されているんです。
片思いの願望をお持ちの方でも同じで、今好きな人の前に好きだった相手、「ありえない」と思いつつも、「もし、あの人と付き合ったら」と頭を過ぎった相手の方と、恋愛成就をしてしまう世界も、確実に準備されているんですよね。(・∀・;)

「ありえない」という気持ちを紐解くと面白いもので、「ありえない」が叶った世界も確実に存在していて、その世界を拒絶する心的な反応が「ありえない」という心理状態を作り上げているんです。(・∀・;)
存在しないものに拒否反応は出ないので。。(・∀・;)

なので、先日のエントリーで申し上げました通り、「嬉しい達成」も「嬉しくない達成」も、全てが「潜在意識、阿頼耶識に詰まっている」ということになります。(・∀・;)

なので、日々「叶って幸せな世界」を先取りで観測(イメージ)して、「こうありたい!」と願う世界を現象化(実現化)して行きたいですよね。(・∀・)

何を達成して、その達成された世界で、どう幸せになるのかは、皆さんの自由意志に任されています。
自由意志を持つことを否定されることもあるかもしれませんが、皆さんの人生の選択権は、皆さんが所有されるべきであって、今までの経験を基に、例えば「ここまで好きになれた、ご縁と今までの経験を活かして、復縁したい(片思いを成就したい)」という願望を持たれた場合は、その自我(エゴ)を大切にして、幸せを手にして頂ければ幸いです。
私たちは、生きてきた環境や経験が違えば、当然ですが価値観も異なるので、何を持って幸せと感じるかは、人それぞれで模範解答はありません。

受け売りなのですが、こんな台詞を目にしました。
「大切なものは、簡単に手放したくないと感じるものです」
お金であったり、恋人であったり、生涯の伴侶であったり、本当に大切であれば手放したくないですよね。
自分は、自分が大切な人を手放したくないし、大切に思う人達と、これからも、潜在意識、阿頼耶識を活用して、物質的にも精神的にも享受するであろう幸せを、これからも共有して行きたいと切に願っております。

復縁を成就したいと心から願われる方も、これから達成して行く中で感じられる様々な喜びや幸せ、そして富を、大好きな人と共有したいと考えられる方も多いのではないのでしょうか?
そういった「幸せ」を掴む判断も、私たちの自由意志に委ねられています。

自由に考えて、判断して、そこで最善を、潜在意識、阿頼耶識に任せて、角が立たない願望達成を目指したいものですよね。(・∀・)

復縁した世界は、頭をよぎるだけの状態でも、確実に存在します。(・∀・)
後は、私たちの「決意」と「揺らがない意思」を持って、常に観測(イメージ)することで、達成というゴールを迎えたいですよね!

というわけで、また近日中に!
|電柱|∀・)v (←有と無が重なり合ってます)




おまけです。
「自由意志」と「自由行為」という似て非なる概念があります。
前者は、自由に考えて判断して、最善を求めることを言います。
後者は、自我や衝動のままに行動することを指します。

フロイトによりますと、人の心は「エス(イド)」「自我(エゴ)」「超自我(スーパーエゴ)」に分けられるそうで。

エス(イド)は、「こうしたい!ああしたい!こうなりたい!」という本能を刺激して衝動を起こす部分です。
復縁に例えるなら、「今すぐ電話かLINEする!返事がないのは言語道断!心地良いまま本能のままに動く!」という心理でしょうか。自由行為ですね。(・∀・;)

自我(エゴ)は、衝動と理性の中間地点で、エスと下記の超自我を調整する、心の中で最もバランスが取れた理想的な部分らしいです。
「会いたいけど、相手の都合もあるし、障りがない挨拶メッセージ程度に済ませるかな」と、最善を模索する心理です。バランスが取れた自由意志になります。(・∀・)

超自我(スーパーエゴ)は、理性を司る部分で、道徳的な働きを司る部分です。
「特定の願いなんか、叶えることがダメ!」と、自分を厳しく律する心理ですね。(・∀・;)

不安や悩みをそのまま言動化することは、エス(イド)の衝動に支配されることなのですが、そういった衝動が湧いた時は、潜在意識フォン(潜フォン)を活用して、最善の達成を先取りしたり、悩みや不安を持つご自身を、神仏に包まれ護られる瞑想で癒していただき、この世界に人として生きる幸せを感じ取って頂ければ幸いです。m(_ _)m

言葉の定義を越えて、「エス(イド)」を精神世界で言われる「エゴ」に置き換えて考えてみると、色んな発見があるかもしれませんね。(・∀・)




きれいなお月様(復縁)を観測しましょうね!ではでは。


スポンサード リンク



便利なブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ:潜在意識、阿頼耶識、瞑想法 - ジャンル:心と身体

大好きな人に連絡したり、会いたくなったときこそ、潜在意識!

潜在意識、阿頼耶識、神仏の力

、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)

というわけで、皆さんおはこんばんにちはです!(・∀・)

今回は、潜在意識、阿頼耶識を活用していても、ついつい湧いてくる「連絡したい」「会いたい」といった衝動と、どうやって向かい合っていけば良いのか、皆さんと一緒に考えていければ幸いです。(・∀・)
本日も、宜しくお願い致します!m(_ _)m


潜在意識、阿頼耶識で伝わる感謝の気持ち
潜在意識、阿頼耶識を通して、好きな人に思いの全てが伝わっているので「ありがとう!」の気持ちを伝えたいですよね。



早速ですが、上で書かせていただいた通り、復縁を成就したい相手の方を想う気持ちが強いほど、会いたい衝動が溢れてきますよね。(・∀・;)
復縁成就を願って、叶った世界に浸ることを意識していて、日常生活を営んでいても、例えば部屋の中であったり、近所の公園だったり、買い物に行くコンビニだったり、生活圏に好きな人との思い出が残されているもので、そういった場所に行く度に「私だけが取り残されているのかな」といった、寂しくて悲しい気持ちで心の中がいっぱいになってしまうことも多いかと思います。

買い物をしていると、「あ、これ彼(彼女)が好きだったな」とか考えちゃったりしませんか?
食材を見ていると、「彼(彼女)のために、美味しい料理を作りたい」と思ったり、好きな人が聴いていたCDを見かけると、「一緒に部屋で聴きたいな」と思わずCDを手に取ってしまったり。(・∀・;)
思わず涙が出そうになってしまいますよね。

日常生活を営む時間だけでも良いので、好きな人のことを忘れられたらと、願う気持ちが湧くこともあるかもしれません。
でも、よくよく考えてみると、そういった好きな人の好みを思い出せることも、復縁を成就する上で大きなアドバンテージになるんですよね。(・∀・)
例えば、復縁を達成して、好きな人と幸せな毎日を過ごしているイメージを、瞑想などで、潜在意識、阿頼耶識にインプットする場合ですと、「彼(彼女)が好きだった音楽を一緒に聴きながら、まったり過ごしている」といったイメージ作りが出来ます。
イメージの中で好きな人にとって、居心地がいい空間を作れたらどうでしょう?(・∀・)

潜在意識、阿頼耶識を通して、人の意識はつながっています。
そのことを裏付けるかのように、最近は「テレパシー」が実在するのかといった話がニュースサイトでも取り上げられるようになりました。
ウィキペディアに掲載されている話ですと。
カップルを被検対象にした行われた実験で、米国カリフォルニア、ノエティックサイエンス研究所のディーン・ラディンさんが論文を発表されているのですが、電磁波的に隔離された部屋に一人づつ入ってもらい、相手との繋がりを持っていることに集中した結果、「想い」がパートナーに伝わったということでした。

この話について、皆さんも心当たりがありませんか?
「あ、この人は理由は説明できないけど、距離を置いたほうがいい」と感じたり
「この人とコミュニケーションを取っていると、不思議と安心できるな」と温かい気持ちになったり

こういった直感も、普段私たちが発している思いが相手に伝わり、また相手からも伝わり
理屈ではなく、感覚として相手の気持ちを感じ取っているんですよね。

皆さんの周りにもいませんか?
いつも周りに迷惑をかけているけど、どこか憎めなくて、ついつい世話を焼いてしまうタイプの人。(・∀・;)
こういった人は、周りを巻き込んでしまうのですが、本人は周囲に大して悪気が全くなくて素直なので、周りが本人の心を汲み取って、許してしまうんですよね。(・∀・)

逆に、優秀で話も上手いけれども、一緒にいると何故か不安になってしまうタイプの人。
顔で笑っていても、本心では周りに対してフラストレーションを溜め込まれていることも多いと思うんです。
なので、そういった「トゲ」を周囲が無自覚的に察してしまい、どこか近寄りがたい雰囲気を感じてしまうのかもしれませんね。(・∀・;)

私たちは「口に出さなきゃ本音はバレない」と考えてしまいがちですが、相手の方が自覚していないだけで、本音はしっかりと伝わっているんだなと、上記の実験結果を見て、自分は色々と反省いたしました。(・∀・;)
周囲に適切な距離感を保って、なるべく寛容的な気持ちでいたいですよね。(・∀・)

この、「気持ちは全てを越えて伝わる」と言った話、復縁を目指される皆さんは、どう受け止められましたか?
普段、好きな人にどのような思考を発信しているのか、考えてみると思わず、冷や汗が出てしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。(・∀・;)

さて、このテレパシーの話を意識しつつ、本日の本題です。(・∀・)

以前も当ブログで書かせていただいたのですが、「会いたい!」「LINEや電話で連絡したい!」という衝動が湧いてしまった場合は
潜在意識、阿頼耶識を通して会ってみるのはいかがでしょうか?(・∀・)

丹田呼吸法などで変性意識に入り、瞑想中のイメージで好きな人とデートを楽しめば、実際にデートをした状態と同じ作用が現実世界に及びます。
大好きな彼(彼女)と、お部屋でまったり過ごされたり、素敵な時間を過ごされているイメージを、潜在意識、阿頼耶識にインプットすれば、デートの話と同じように、世界中に「好きな人と幸せな時間を過ごした」という事実が浸透して、全てがその通りに動き始めるんですよね。(・∀・)

そして、「気持ちは伝わっている」という先程の話を思い出していると、好きな人が無自覚的に「◯◯さん(皆さん)と幸せな時間を過ごしたな」というイメージと気持ちを受け取られることになります。

お二人で素敵な時間を過ごしているイメージが、好きな人の心に届けば、「ああ、◯◯さんと過ごす時間もいいな」と、お相手もぼんやり意識されることになり、頑なだった好きな人の態度も徐々に改善されて行く効果も、確実に感じて頂けるかと考えております。(・∀・)

スマホでの連絡も良いのですが、相手にも都合があることを考えれば、タイミングの問題があったり、全ての気持ちを言葉として伝えられない、そんなもどかしさがありますよね。
そこで、全てが伝わる、潜在意識、阿頼耶識を通して連絡を取れば、言葉を選ばなくても気持ちが伝わり、イメージしたままの現実が強制的に作り上げられるので、スマホ代わりに、潜在意識フォン(略して潜フォン)を活用されることをオススメ出来れば幸いです。(・∀・)
(阿頼耶識ロイドこと、阿ンドロイドも高性能ですよ!)

好きな気持が大きいほど、相手に会いたい!連絡したい!という気持ちが溢れてくるのは、素敵なことだと思います。(・∀・)
そんな時こそ、瞑想などを通して、潜在意識、阿頼耶識の中で会って、復縁して、そしてご結婚なされて、幸せな毎日を過ごされていることを、どんどん先取り観測して頂ければ幸いです。
幸せな世界に包まれて、強制力がある、潜在意識、阿頼耶識の力に全てを任せて、大好きな人と沢山甘えられて、これでもかという位の幸せな達成を迎えられてくださいね!


先日、成功談を初回させて頂きました、Aさんに御礼のメッセージを送信させて頂きましたら
瞑想で楽しまれていた世界のお話を聞かせて頂きましたので、先日のエントリーに追記(先日のエントリーへのリンクです)でAさんからのアドバイスを紹介させて頂きますね!(・∀・)

皆さんが笑顔で毎日をお過ごしになられることを祈りつつ、また近日中にです!(・∀・)ノ


スポンサード リンク



便利なブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ:潜在意識、阿頼耶識、瞑想法 - ジャンル:心と身体

 | HOME | 
 ■Template/hibidara

 

プロフィール

バキュ

Author:バキュ
潜在意識の法則を語るだけの語り部です。
経験から学んだ最善な方法を紹介していくよ
 三( ・∀・)ノ


メディア掲載歴
【週刊SPA!】 (扶桑社様)


(プロフィール画像をイラストレーター奥原世詩絵 様から拝戴いたしました!ありがとうございます!)



子供達の笑顔の為に出来る事。

クリック募金

 

ねむさん
当ブログのバナーを上のバナー製作者ねむさんに作っていただきました。 ねむさんありがとう。(・∀・)
潜在意識で願望を達成しよう


全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー


最近の記事


愛読しているサイト様です。

 

スポンサード リンク



Use Excite web translation to translate this blog into

Sorry for inconvenience.

QRコード

QRコード

ギガ/MSNコード:738848 (QRコードと併せて、携帯からのアクセスにご利用下さい。)

Twitter

メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

出口

Yahoo Japan
Google

カウンター

現在の閲覧者数: